2007年10月19日

温泉でのレジオネラ菌について

あなたはレジオネラ菌についてどれ位の事を知っていますか?

高齢者や体の弱い人が保養のために温泉に行くことは、非常に危険なことです。

なぜならそれはレジオネラ菌が温泉施設に潜んでいるからです。
レジオネラ属菌は、どこにでもいる菌で、これを完全に防ぐことは、非常に難しいと認識されています。

かけ流しの温泉ならば問題はありませんが、循環式の温泉施設などは、戻ってきたお湯を循環機でろ過し戻す過程でレジオネラ菌が発生します。

循環ろ過装置を使用してはいけないことはありません。これは、適正に管理すれば、問題はありません。
コスト削減などで衛生管理をおろそかにしている温泉施設が大変危険です。

温泉と呼ぶためには、水温が25℃以上あればよいので、温泉の貯湯槽の温度は、必ずしも60℃以上ある訳ではありません。レジオネラ属菌は、60℃以下の水温で繁殖するため、貯湯槽の水温が60℃以下の場合には、貯湯槽においてレジオネラ属菌が繁殖する可能性があります。


【危険】
循環ろ過装置を使用していなくても、打たせ湯やジャグジーなどの施設が付属していれば、利用者が、レジオネラ症を発症する可能性があります、無くても、肺に浴槽水が入った場合には、やはり、レジオネラ症を発症する可能性があります。

アルカリ性の強い温泉の場合には、塩素消毒が効かない等温泉の場合には問題が多く、循環ろ過装置が使われていない温泉の方が安全なことは間違いがありません



まとめ
原湯の温度が60℃以上あり、浴槽に60℃以上の高い温度のまま給湯しており、循環ろ過装置とエアロゾル(目に見えないような細かい水滴)発生装置を設置していない浴槽が安全ということになります。
更に詳しく
タグ:温泉
posted by 箱根は日帰りっ子 at 06:48 | 温泉のレジオネラ菌について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。